楽天カードVSリクルートカード - どっちがお得?

未分類

リクルートカード

リクルートカード


楽天カード


” data-wplink-url-error=”true”>楽天カード” data-wplink-url-error=”true”>リクルートカードはどちらもポイント還元率高ですが、最も重要なのはライフスタイルに応じて活躍してくれるカードを選ぶことなのです。

そこで、ここでは” data-wplink-url-error=”true”>楽天カード” data-wplink-url-error=”true”>リクルートカードを比較してみたいと思います。

キャンペーン

今現在のキャンペーンでは(2020年10月)、” data-wplink-url-error=”true”>楽天カードリクルートカードどちらも入会キャンペーンを行っています。

楽天カード 5000ポイント

” data-wplink-url-error=”true”>リクルートカード 6000ポイント

カードブランド

どちらもJCB, Mastercard 及びVisaのカードブランドを取り揃えていて、お好きなブランドを選べます。

年会費

どちらも無料!ただし、ETCを一緒に申し込みたいとお考えなら、楽天カードはETCの年会費に550円(税込み)かかりますので注意してくださいね。

ポイント還元率

楽天カードは1.0%、” data-wplink-url-error=”true”>リクルートカードは1.2%の高いポイント還元率を誇ります。

いずれも、年会費無料のクレジットカードの還元率としてはトップクラスの高さです。

海外・国内旅行保険

海外旅行の際、「万一怪我や病気になってしまったらどうしよう……」と不安になりますよね。

海外では国内と違って公的医療保険が利用できません。

場合によっては高額の医療費を支払わなくてはいけなくなってしまうため、事前に海外旅行保険に加入しておくことが重要です。

しかし、わざわざ海外旅行保険の申し込みをしなくても、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを持っていれば自動的に保険が適用されます。

今回紹介している楽天カードとリクルートカード両方に海外旅行保険が付いています。

「今は海外旅行に行けないし、国内旅行保険もついているの?」

” data-wplink-url-error=”true”>リクルートカードなら、国内旅行保険もついています!楽天カードはついていませんので、旅行保険で選ぶ際のポイントになりますね。

ポイントが使えるところ

楽天カードのポイント

  • 街中の楽天ポイント加盟店で使える
  • 楽天市場で使える
  • カードの支払いに充てられる

” data-wplink-url-error=”true”>リクルートカードのポイント

  • Pontaポイントに交換できる
  • リクルートのさまざまなサービスで使える

楽天カード” data-wplink-url-error=”true”>リクルートカードはいずれも年会費無料でポイント還元率が高いことが特長のカードです。

どちらも発行して損はないお得なクレジットカードだといえるでしょう。

通常のポイント還元率は1.2%のリクルートカードの方が1.0%の楽天カードよりも高く設定されていますが、利用シーンによってどちらのカードがお得かは異なります。

ご自分がどんなシーンでクレジットカードを多く使うかを踏まえ、ポイントの使い道も考えつつカードを選ぶのが良いといえるでしょう。

場合によってはどちらも発行する、というのも良いかもしれませんね。


楽天カード

リクルートカード

リクルートカード

コメント

タイトルとURLをコピーしました